女性的PDCAの回し方

こんにちは!KINUです。

 

1年前に、ゴリゴリに結果を出しまくっている経営者さんが山ほどいるオンラインサロンに入っていました。

その名も「スパルタサロン」。名前が怖いでしょ!
(途中で改名され、すごい人を輩出する「すごサロ」になりましたが)

怖いものみたさで入会したけど、
やっぱり色々怖かったw

怖いのは人じゃないですよw

女性の結果の出し方をそのころはまだよくわかってなくて
男性的なものに圧倒されている感じでした。

 

忘れもしないパワーワード:「PDCAをガンガン回せ」

そのサロンで言われたこと。

「結果を出すならPDCAガンガン回せ」

主催者の方はやさしい方だったので、こんな言い方はされてはいませんがw
これって、ビジネスやるならどこでも言われるし、やっぱり事実。

 

でもでも、そう言われても、
「うっ!💦」ってなって結局全く体が動きませんでした。

そして体が動かない自分を責める。

 

そこから試行錯誤して1年。

最近、私PDCAめっちゃ回してるやん、って思えるようになったんです。

 

女性的PDCAの回し方

女性的PDCAの回し方は

結果に対してPDCAを回すのではなく
自分の感覚に対してPDCAを回すということ。

結果が悪いのは、自分の感覚がずれているからです。

 

自分の感覚のずれを見つけて、マッチするよう修正していくこと。なんですね。

よく女性的ビジネスの仕方は「感覚を大事にする」って言いますよね。

 

1つのサービスを提供するとき

  • 自分的に値段はしっくりきたか?
  • 自分的に提供する人はしっくりきたか?
  • 自分的に提供する期間はどうだったか?

っていう「自分軸」で「何がずれていたか」を考えること。

いかに丁寧に自分の感覚を見ていくかっていうのが大事です。

 

たまにビジネスを始めたばかりの人で、

https://hitotonari-kenkyujo.com/wp-content/themes/massive_tcd084/img/common/no_avatar.png

サービス提供してみたけど、面白くありませんでした。私はこれしたくないんだと思います。

 

って数回やっただけでやめちゃう人をよく見ますが
こういう人は、自分の感覚の見方がちょっと粗いだけなんですよね。

https://hitotonari-kenkyujo.com/wp-content/uploads/2020/10/IMG_5106-300x300.jpg
KINU

(面白くなかったじゃないのよ!(´;ω;`)もっと感覚見直せば改善できて楽しくなるだろうに!!!)

って心の中で叫んでます。
(もちろんコンサル生や講座生にはちゃんと伝えてます!)

 

もっと丁寧に丁寧に見てあげてください。自分を。

 

もし、自分のことを飽きっぽいって思っている人がいたら
もしかしたら、自分の感覚を丁寧に見てあげていないだけかもしれません。

 

サービスを丁寧に修正して育てていくことは
自分を大切に扱う事と一緒なんですね。


お花の仕事も7年目になりました。



結論:女性的PDCAを回す=「自分を丁寧に扱続ける事」

それでは、今日はこのへんで!

関連記事

仕事術

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. マインドフルビジネス動画まとめ

  2. 保護中: 好き発掘講座

  3. フルマラソンに出ることになってしまいました

カテゴリー

TOP
TOP